About Us

わたしたちの想いとこだわり

ごあいさつ

「幸せの土台」をつくるサポート。それが私たちのミッションです。

大切なこどもたちにとって、本当の“幸せ”とは何なのでしょう。 親なら誰しも「こどもに幸せになってもらいたい」と心底願っていて、このページをご覧になっているお父様お母様もその想いを強くお持ちなのではないかと思います。 幸せであるということはどういうことなのか。幸せという概念を計ることは難しく、本質が見えにくい時代ではありますが、昔も今も変わらず親はそれぞれの形でこどもの幸せを考えているのではないでしょうか。そして、(幸せになるためには)◯◯をした方が良い。◯◯を習わせた方が良い。◯◯してはいけない。と我が子の幸せを想うばかりに、悩んでいらっしゃる方も多いようにも感じます。それらも全て愛情のカタチで、決して責めたりすることではないと思いますが、こどもたちにとって一番「幸せの土台」を作ることができるのは、とても身近で単純なこと。お父様やお母様が笑顔でハッピーでいることだと思っています。そして何よりもこどもたちの「幸せの土台」となる<<親の愛情>>をたっぷり感じることで、こどもたちは充電満タンとなり、世の中に思い切り羽ばたいていけるようになるのだと思います。 保育園は、親の代わりとは決してなれませんが、大切なこどもたちの「幸せの土台」となるお父様やお母様が笑顔の時間を少しでも増やすために、一つでも多くのサポートをさせていただくこと、そしてこどもたちにとってベストな環境と時間を保障することはできます。 わたしたちは、こどもたちの充電を満タンにすることを第一に、「幸せの土台」をあらゆる形で作るお手伝いをすることをミッションに、日々全力で向き合っております。 楽しそうで嬉しそうな大人を見て育った子は、世の中は楽しいところなのだと肯定的に捉える子に育つでしょう。そしてたくさん愛情を注いでもらった子は、親の愛情を信じ、周りの大人を信じ、自分を信じ、充電満タンとなった状態で、困難を乗り越え、何でも切り開いていける子になります。だから、自分は愛されていると実感できる子は強いのです。そう実感できる子は、自分の価値を信じ、自信をもって自分の意思を貫き、幸せを感じる力をもって生きていけると信じています。

本質的なインターナショナル保育園。

Brainglish Babyインターナショナル保育園は、「インターナショナルプリスクール(保育園)」ですが、単に英語が話せる人=グローバルな人だとは考えておりません。英語はこどもたちの世界や選択が広がる大切なツールではありますが、真の国際人とは、自分が好きで、人間が好きな人であり、本当にグローバルな人かどうかということは、語学力では計れないと考えています。 そのような考えから、当園では英語の単語をどれだけ詰め込めるか、どれだけペラペラと英語を話しているように見せられるか、に重きはおかず、どれだけ「英語は楽しい」「学ぶことは楽しい」という記憶をこどもたちの中に残せるかということを重視しています。乳幼児期にそのような記憶と成長マインドセットさえ作り上げることができれば、将来本人が海外へ行って英語を使いたい、英語以外の言語を学びたいと思った時に自ら学んでいけるようになるからです。そしてそのようなこどもたちが、世界の様々な文化、宗教、考え方の人の「ありのままを受け入れられる」本当の意味での国際人となると信じてます。 言語はもちろんのこと、それ以上に様々な意味で0歳〜6歳の乳幼児期ほど大切な時期はありません。小学校高学年以降に伸びる子と伸び悩む子の違いの差は乳幼児期が最も影響していると最近の研究結果でも分かってきています。乳幼児期に主体的にやりたいことをやり抜くこと。自分が熱中できることを気の済むまですること。この二つがとても重要となってきます。 ドリルや宿題をイヤイヤさせられてきたこどもは、目に見える数字では一時的に伸びるかもしれませんが、小学生高学年くらいになると、色々な解決策や可能性を見つけることを嫌がるようになってしまいます。一方で、乳幼児期に思う存分したいことをしてきたこどもは、自分が主体となって活動していくことの楽しさや、学んでいく上で大切な姿勢を無意識に得ているので、問題にぶつかっても、別のやり方があるんじゃないか?と解決策や他の方法に挑戦することに意欲的になります。 ここでは、英語も遊び(=こどもたちにとっては学び)もこどもたちの意思を尊重し、ここまでやらせてくれるの!?というところまでトコトン全力で、こどもたちの“やってみたい”を応援しています。

Image

まつもとありか プロフィール

日本生まれ、アメリカ育ち。4歳でニュージャージー州に引っ越し、自然の中で自由に育つ。中学でカリフォルニア州に引っ越し、総合芸術高校に進学。クリエイティブな三年間を過ごす。18歳で母国日本に憧れ、単身帰国。日本で大学生活を過ごしながら、「一つでも多く自分で体験し、感じたい」と様々なことに挑戦。原住民とアマゾンのジャングルの奥地で一ヶ月生活、ギリシャの元祖マラソンルートを自力で完走、アフリカひとり旅でキリマンジャロを登頂、富士山山頂の山小屋で一ヶ月原始人生活、そして食のルーツが学びたいと牧場や農場に住み込むなどのサバイバル体験から「生きていれば何でもできる」と改めて感じた。大学在学中、そして卒業後少しずつ社会の仕組みやマインドセットにも疑問を持ち始め、「世界のこどもたちに」が「母国日本のこどもたちに」という考えに変わっていった。

理想を貫き自分の人生を生きる未来の大人たちを増やしたい、そして自身の妊娠を機に、無限の可能性を持っているこどもたちに最高の環境を創りたい、と2018年Brainglish Babyインターナショナル保育園を創立。

食材&製品について

粉ミルク

Image

スイスのHolle(ホレ)社製粉ミルク。原産国ドイツの厳しい基準をクリアして作られるオー ガニック粉ミルクはスイス国内はもちろん、ドイツでも高い人気を獲得しています。Holle( ホレ)社はドイツやスイスで粉ミルクや離乳食を中心に70年以上も販売している老舗の ベビーフードメーカーで、粉ミルクはアルプス地域で放牧された牛のミルクを使用してお り、科学的な成分は一切使用していません。 ※母乳のお預かりもしています。

石鹸&ボディーソープなど

Image
アメリカのDr. Bronner’s(ドクターブロナーズ)社製の石鹸。原料のオイル(オリーブ油と ヤシ油をベースに、ヘンプ油とホホバ油をブレンド)は100%天然のオーガニックでフェア トレードのものだけを選りすぐって使用しており、世界中のメイクアップアーディストやモデ ルが愛用しています。合成界面活性剤、合成保存料、合成着色料など合成添加物は一切使 用していないので、赤ちゃんから大人まで安心して使える、全米ナンバーワンのオーガニッ クソープです。

紙おむつ

Image
アメリカのSeventh Generation(セブンスジェネレーション)社製紙おむつ。セレブにも 高い支持を得ている全米ナンバーワンの自然派紙おむつで、おむつ以外にもナチュラル系 の洗剤なども取り扱っているブランドです。ブランド名は、「どんなことでも7世代先のこと を考えて決めなくてはいけない」というアメリカ先住民の言い伝えから付けられています。 無添加・無漂白・塩素フリー・天然由来の吸収性ポリマーのシンプルな紙おむつです。

蜜ろうクレヨン&粘土

Image
ニュージーランドのStockmar(シュトックマー)社製クレヨン&粘土。Stockmar(シュトック マー)は、世界中から蜜ろうを取り寄せ、常に厳格な検査をして農薬やパラフィンなどの有 害物質が含まれていないものだけを使用しており、色となる色素は食品の着色として許可 されたものだけど使用しているので、赤ちゃんやこどもが口に入れても安全です。「こども たちにとって、はじめてのクレヨンでありたい。はじめて描く世界が光あふれる美しい世界 であるように」という想いを込めて作られたクレヨンや粘土は世界中から高い支持を受け ています。